だいたい読書日記

本の問屋(取次)に勤めています。仕事柄、本を読むのが好きなので、ここで独り言を書いております。趣味でインプロという台本のない即興劇をやっており、ステージ経験もそれなりにありますが、コロナの影響で今はお休み中。その他、立ち食いそば、B級グルメ、落語、野球など、好きな事を好きなように書いています。

日記その1。重なるミス。品川「吉利庵」。

今日は、久々のリアル読書会で、いつになく気合いが入っていたのですが、いつになく空回りしてしまい、集合場所ですれ違うわ、地図の通りに行っても目的地にたどり着けないわ、連絡先は間違えるわ。更には、会場が吹き抜けの高層ビルの上にスリッピーな路面で、極度の高所恐怖症の僕は、エレベーターホールで完全に足がすくんでしまい、目的地にたどり着けず、キャンセルしてもらいました。本当に申し訳ない気持ちで一杯で、ただひたすら反省です。

ただ問題は、深く反省はしているのですが、なぜここまでグダグダになってしまったのか、どこでボタンをかけ違えたのかが全く分からない事。またどこかで、やらかしそうで怖いです。


早めに出たのは品川と、新駅の高輪ゲートウェイに寄りたかったから。品川駅では立ち食いそばの「吉利庵」さんに向かいます。品川は駅構内に複数の立ち食いそば屋さんが存在していて、見つけるのに少し手こずりましたが、このお店はエキュートサウス内にあります。目当ては「高さ」が売りのかきあげが乗ったそば。それに温玉をつけてもらいます。

f:id:kahsuke555:20200727150139j:plain

かきあげ温玉そば 620円

全体的にやや高めの価格設定かなという気がします。価格設定が高めのお店は、注文を取ってからゆで始める傾向がありますが、ここは食券を渡したら、びっくりする位のスピードで出てきます。自分の時には、10秒掛かっていませんでした。おそらくそれなりの高い回転率を見越して、食券に関係なく一定間隔で茹でたものを、お客に提供しているよう。

麺も太め、つゆも濃いめで甘めで、おそらくビジネスマンだけでなく、身体を使う人もターゲットにしていると思われます。そして感心したのが、お目当てのかきあげ。冷やしだとどうなのかな、とは思いますが、汁に浸すと上手く崩れてくれるので見ため以上に食べやすい。おそらく、生地に入っている具を細長くしているのは、ほぐれやすさを狙っているのだと思います。そして、ほぐれたかきあげと濃いめの汁との相性が素晴らしくいい!やや高めの価格設定も納得です。



今回は、日記を2つに分けます。後半はなるべく早く上げます。