だいたい読書日記

本の問屋(取次)に勤めています。仕事柄、本を読むのが好きなので、ここで独り言を書いております。趣味でインプロという台本のない即興劇をやっており、ステージ経験もそれなりにありますが、コロナの影響で今はお休み中。その他、立ち食いそば、B級グルメ、落語、野球など、好きな事を好きなように書いています。

日記。東京芸術劇場劇場ツアー。国立名人会@国立演芸場。謎解きとスタンプラリーにケリをつける。

連休最終日。先週の三連休も含めて大雨にたたられる事が多かった1週間ですが、漸く晴れてくれてひと安心です。けど、まだちょっと蒸し暑さが残っています。

 

本日は朝から池袋に移動し、東京芸術劇場の劇場ツアーに。人のペースに合わせて行動するのが大の苦手なので、ツアーのような場所に行くと大変に居心地の悪さを感じてしまいます。

それは、今に始まった事ではないのに、なぜ申し込んでしまったのでしょうか?我ながら意味が良くわかりません。

 

それでも貴重な体験である事に変わりはありませんので、話を聴いている分には面白いです。ちゃんと団体行動をするためには、フツーの人より多くのエネルギーが必要なだけ。

今回は、一番大きなコンサートホールをツアーしました。読響のコンサートの前にお邪魔したので、いろいろと縛りはありましたが、普段行けない所に入れてもらったりもしました。

劇場って、何の目的で、誰のために、というのを意識するのが大切で、それが設計思想になり、劇場の色になっていく。そんな事を知ることができた一時間でした。

 

全体的に面白かったのですが、唯一、高所恐怖症にはかなりつらい場所が何ヵ所かあり、そこに対するケアがほとんどなかった事だけは、泣きが入ってしまいました。

少しでも俯瞰する場所から劇場を見ようとするとそういう場所の見学が増えるのは、わかるんですけどねえ~。けど、怖かったっす!

 

((( ;゚Д゚)))

 

チケットカウンターの真上。普段は立ち入り禁止になっています。

ホールの入り口にあるステンドグラス。

 

ツアーが終わった後、近くにある豊島区の郷土資料館に行こうとしたのですが、展示替え中でちょうど休館。

替わりに前から行ってみたかった池袋防災館に寄ってみたのですが、体験コーナーの時間が合わなかったので、金曜のツアーの予約をした後に資料をざっと見たら、出ることに。

仕方ないので、次の目的地の永田町に移動し、昼食を取ろうと思ったら、駅の構内のC&Cが土日休みに。土日開いていて手っ取り早く食事ができる貴重なお店だったので、地味に痛いです。

 

結局、コンビニで買ったパンで手早く済ませて、国立演芸場へ。今日は名人会を聴きにいきます。全体的に渋めのメンバーかなと思っていたのですが、満員御礼。日程の良さとも無縁ではありませんが、コロナの規制が緩和されて、少し客足が戻ってきたのもあるかと思います。

 

本日の目玉は、やはり正雀師匠の「牡丹燈籠」。人の欲の浅ましさをシリアスに、時にはユーモラスに描いていきます。

歌舞伎や講釈も含めて、伝統芸能はどうしても演者さんに目が行きがちですが、円朝のこの演目も含めて、物語の筋立てが良くできたものが結構多い。噺の面白さを上手く引き出す事をかなり意識して演じているように感じました。

躍りも含めると一時間以上の大ネタだったのですが、道具立ても駆使し、最後までしっかりと聴かせてくれたのは、さすがです。

 

トリが大ネタという事もあり、他の噺家さん達は押さえ気味かつ、トリに向けての雰囲気作りへ。

小遊三師匠は、歌丸師匠の釣り好きのまくらから、野ざらしへ。ちょっと怪談の雰囲気を作りながら、骨の釣りをするシーンにフォーカスを当てていきます。

空気を作りつつ、やり過ぎないようにする匙加減の絶妙さは、粋でベテランの師匠ならでは。熟練の業と味の賜物です。

小柳師匠は全体的に柔らかめな「堪忍袋」。個人的には遊雀師匠のエキセントリック過ぎる演じ方が大好きなのですが、噺から師匠の優しい人柄が垣間見てきます。これはこれで楽しく聴かせてもらいました。

(演目)

・金原亭駒平    「元犬」(開口一番)

・春風亭小柳    「堪忍袋」

三遊亭笑遊    「惚けてたまるか」

・鏡味味千代     曲芸

三遊亭小遊三 「野ざらし

    ~仲入り~

・林家正雀     道具入芝居噺「怪談牡丹燈籠~お札はがしより幸手堤の場まで~」    

 

終演後は常磐線エリアの謎解きの最終目的地と、ピーターラビットスタンプラリーのゴールに行き、それぞれにケリをつける。謎解きは、ほぼ解き終わっていたので、答え合わせ、といった感じですが、それでもゴールにたどり着くのは気持ちいいです。

そして、それと平行して先日買った兜町の謎解きに手を着けるする事に。まだ、解き始めですが、QuizKnockさんが問題を作っているだけあって、回答がなかなかキレイ。他の主催の謎解きより、解けた後のすっきり感のある所が、好感が持てます。ゴールまで、それが続いてくれるといいですね。

 

日記。作ってあじわう始めてのデザイン(最終回)。調布の図書館で水木しげる先生の漫画を読む。

まだ薬はあるのてすが、しばらく土曜日が慌ただしそうなので、午前中病院へ。4回目の予防接種と発熱外来の患者が減ってきたので、漸く少し落ち着いてきたようです。

そう思っていたら何か月後かにはパンク状態、という事が何度も繰り返されているので油断は禁物ですが、重症化リスクは確実に減っていますし、いい傾向ではあります。

 

お陰で、検査をしてもスムーズに終わってくれたので、次の予定まで少し時間が空くことに。一旦家に戻るか、どこかで時間を潰すか悩んだのですが、快活クラブに行くことに。読書アドバイザー養成講座の時にお世話になって以来久しぶりです。

いろいろと書きものをしたり、日記を整理して、ブログを更新した後は、これまた久々に「one piece」の続きを読むことに。情報量が多いので、読むのに結構時間が掛かってしまい、1冊半しか進みませんでした。まだまだ先は長いです。

 

 

 

14時からは、デザイン講座の3回目。いよいよ実践編。先週作ったコンテをもとにフライヤーを作っていきます。

「miro」というオンラインホワイトボードを使ったのですが、基本操作が上手く出来ず、入り口の所でまさかの大苦戦。プライドうんぬんを語る以前のレベルなので、なりふり構わず助けを求めます。

その後も、いろいろとイメージはあるのですが、それがなかなか上手く具現化できずに大苦戦。出来ないから勉強に来ているのですが、あっという間に時間も過ぎていき、もどかしさも感じます。それでも、フライヤーとして最低限のものは作れましたし、自分のこれだけは盛り込みたいと思ったものを入れる事は出来たので、まあ、良しとしましょう。結構楽しめましたし。

 

終わったあと図書館に寄り、水木しげる先生のコーナーの漫画を一時間ほど読む。

「文学の教室」で大岡昇平の「野火」を読んでいた事もあり、「総員玉砕せよ!」の理不尽さが、一層見に積まされるように感じられます。

これらの作品は、僕らを安全な場所に逃がしてはくれません。けど、だからこそ、体験していない戦争の事を少しだけ想像することも、自分の事として考える事も出来ます。それは多分、読んでいる自分が感じている以上に大切な事なんでしょう。

 

日記。本日のカップヌードル合体シリーズ他。何が起こったのかはわかりませんが、それでも世界は動いているらしい。

昨日コープで購入したカップヌードルのちょい足し具材たち。しばらく愛でていようかと思っていたのですが、賞味期限が9月末だという事に買ってから気づきました。

 

まあ、気づいたとしても、結果は一緒なんですが(笑)カップヌードルミュージアムのマイカップヌードルの賞味期限が1ヶ月ですから、同じ感覚ですね。多分ですが。

 

 

そのカップヌードルたち。買った以上は、一部は備蓄用に回し、基本は消費していきます。本日のスーパー合体シリーズは、チリトマトとトムヤムクン

この組み合わせですと、トムヤムクンが前に出て、辛目のトムヤムクン味になりますね。メーカーによっては、トムヤムクンヌードル味の麺として販売しても不思議ではありません。

スーパー合体シリーズ チリトマト&トムヤムクン

 

こちらは、辛麺に鯖の味噌煮の缶詰を足してみる事に。やや匙加減が難しいのですが、見込んだ通り辛麺と味噌は基本合います。麺を食べ終わったら、おにぎりとチーズを足してリゾット風にしてもおいしいかもしれません。

辛麺×鯖の味噌煮缶

 

仕事の方は、朝方搬入が集中したため、入荷が今一つ遅い状況。決算も近いですし、連休もありますので、ある意味ここまでは想定内ではあります。

出版者さんや製本所からの納品が遅くなっても、書店さんへの出荷は基本変わらないのが、ちょっとつらい所ではあります。

とはいえ、納品が遅くなっているのは、コスト面も含めた、うちの受け入れ能力の限界が原因である部分が多々あるので、致し方のない部分も。あ~、お金がないってつらい(笑)

 

普段はそこから、トラックの出荷時間に合わせて荷物を作っていくのですが、10時前から、その発送ラインが動かなくなってしまい、ぴくりとも動かない。周囲の人間に聞いても、何が起こっているのか、誰一人聞いていないよう。何が起こっているのかも分からないので、対策の立てようもありません。

唯一の救いは、どうやらトラブルに巻き込まれているのが、うちの部署だけではないようだという事。もはや、一社員ごときでどうにかなる状況でもありません。

 

結局、午後に復旧し、作業全体が後ろ倒しになる事に、そのため少し作業が押しましたけど、残業するレベルまではいかなかったので、まあ良しとしましょう。後は、後ろの工程の方に任せます(笑)

普段は本当に腹立たしい事が多いのですが、今日に限っては、セクショナリズムな職場に心の中で万歳したいと思います。

 

それにしても、今日のトラブルは一体何だったのでしょう。我々は、その全貌を知る日は訪れるのてしょうか?まあ、それよりも、ワタクシにとっては土曜からの三連休をどう過ごすかの方に興味がありますが……(笑)

 

 

日記。本日のカップヌードル。いかんなあ~。

とうとうやってきましたスーパー合体シリーズの新製品。個人的には好きだったのですが、果たして需要があるのか?そんな疑問があったのですが、シリーズになっているという事は、それ相応の需要があるようです。

去年と比べて、今年は攻めたラインアップだなという印象。まずは、多分手堅く旨いであろう、欧風チーズカレー&味噌から。ちょい足しの経験上、カレー+味噌の組み合わせは、かなり相性がいい事はわかっていす。

予想通り手堅く美味しいのですが、面白いのが、カレーと味噌を50:50の配分にしている事。カレー風味の味噌、味噌をかくし味に使ったカレー位の配分にすると、無難にまとまるのですが、これですと、カレーのようでカレーでない、味噌のようで味噌でない、ちょっと不思議な味になります。

それでも、結局は美味しいのですけど(笑)

スーパー合体シリーズ  欧風チーズカレー&味噌

 

二人休みだったので、早めに出勤して仕事をする。そこまでは、まあしょうがないのですが、午後から一人別の部署に応援に出すと上司がいいだすので、さすがにお願いして取り下げてもらう。いろいろと事情はあるのでしょうが、さすがに勘弁してもらいたいです。

休むのは構わないのですが、残された人間が出来るだけ負荷の掛からない職場にしてもらいたい。こちらもそういう風に動いていかないといけない、という事なのでしょう。それが年休取得率のアップにも繋がりますし。

 

そんな風な事を考えながら仕事をしていたら、今日の作業で挟み込みをする注文短冊を古いものと間違えて破いてしまう。

セロテープでくっつけるなり、再発行するなりして大惨事にならないようリカバリーはしましたが、普段なら絶対にやらない初歩的ミス。いかんなあ、どうも今週は集中力に欠ける対応が多い。人様の事をどうこうするよりも、まずは自分がつけんと。

 

auのお金も払い、近々病院にもいかないといけない。そこに対する計画が甘かったので、給料日まで、やや金欠近い状態になりつつあります。

それなのに、帰り家の近くのコープに寄ったら、こんな、こんな悪魔の誘惑が……。

 

こんなもん8個買うしかないじゃないですか~!鬼~っ!!

 

(っ`Д´)っ・:∴

 

 

日記。本日のカップヌードル。う~ん、やる事が。

昨日の夜、日比谷らくごの帰り、自宅近くのコープに寄ったら、レジが故障したらしく、会計するまでに散々待たされる。23時近くにそれをやられるとなあ。さすがにちょっと勘弁してくれよ、と言いたくなります。

 

思い出すと腹立つんで、これ書いたら忘れよ♪

 

そんな待たされて漸く手に入れたカップヌードル。本日は、PROのシリーズのシーフード味。通常のシーフード味よりも気持ちさっぱりめで、日によってはこっちの方がいいかも、と思える位違和感はありません。

「ちょい足し」シリーズにはむしろこちらの方がいいかもしれん、とさえ思ってしまいます。それに、真夜中苦労して手に入れたと思うと、気持ち美味しく感じますし(笑)

カップヌードルPROシーフード。

 

8月はワークライフバランスが完全にライフに寄ってたのですが、上期決算が近づいてきているので、少しずつワークの方に寄せていかないといけなくなります。今日もそんな1日。朝から結構バタバタします。

それでも、まだ完全に決算モードに入るまでは少しだけ猶予はあるので、午後からは少し落ち着く事に。来週明け位からが本格的な勝負でしょうか。

 

やや夏バテ気味という事や、あちこちうろうろしまくったせいで、読書の方も停滞気味。日曜の読書会で使おうと思っていた本もまだ道半ば。おまけに、半分くらいまで感想文を書いていた本も行方不明になってしまい困ったなあ、という状況。

先週末買った田房さんの本も、まだ半分も読み終わっおらず、金曜の夜からずっと鞄の中に。結構面白いんだけどなあ~。さすがに、昨日ソース抱えて移動していた時には重たくて仕方がありませんでしたが……

 

( ̄~ ̄;)

 

 

優先順位を完全に間違えてしまったようです。少なくても謎解きをやってる場合ではないのですが、こういう時に限って、日曜に解けなかった謎の答えが閃いてしまうんですよねえ(笑)なまじクリア直前なだけに、続きが~。

 

そんなしょうもない事を考えていたら、auの支払いも、日比谷らくごの次回の申し込みも忘れてる~(汗)とりあえず慌てて池袋の街中でスマホを取り出し、やらないといけない事をひとつずつ潰していこう。

 

それが終わったら、今日は真っ直ぐ家に帰って、最低でも洗濯はする事にします。

 

本日のカップヌードル。日比谷らくご倶楽部9月の回。

朝、早めに起きれたなあとひと安心していたら、二度寝してしまう。何とか大事にならずに済みましたが、どうもいかんです。

涼しくなりだすと、毎年夏の疲れがどっと出だすのですが、そろそろそういう時期なのでしょうか。体調管理には気をつけないといかんです。

 

作業量が少ないので、首尾良くいけば早上りできるかなあと思っていたのですが、急用で午前中に帰ったり、出張に出てしまった人がいて、意外とやる事がある状態。今日は、終わっても真っ直ぐ家に帰れる訳ではないですからねえ。逆に都合がいいかもしれないです。

 

コロナ感染拡大の影響で、食堂の人手不足が改善されず、今週も弁当の販売が中止になってしまいます。地味に痛いのですが、理由が理由だけに仕方がありません。

事前に教えてもらえるだけ、急遽人がいなくなるうちの職場と比較すればかなり親切とさえ言えるでしょう。結局、めんどくさがりの性格が発動し、朝昼カップヌードルプラスいち1、2点という事になってしまいます。

 

チリトマ味×大根の漬け物。チリトマ味と野菜との組み合わせは相性がいいと信じているワタクシ。この組み合わせもその例外ではなく悪くはないです。悪くはないのですが、わざわざ組み合わせる必然性を感じるまでには到りませんでした。

茹でた大根ならかなりいけそうな気もするので、おでんのシーズンに検証してみます。

 

シーフード味×韓国のりのふりかけ。土曜に韓国食材店で買った商品と。これはなかなかいいです。基本は今出ているシーフードとのりの組み合わせに近いのですが、韓国のりにすると、またひと味違った味になります。

 

仕事が終わった後は、霞ヶ関まで移動。プレスセンターで文芸漫談のお題の「ドグラ・マグラ」をようやっと買った後、東京新聞に移動し、日比谷らくご倶楽部へ。

 

今回のテーマは「男女」。竹千代さんと昇咲さんが廓噺だった事もあり、杢兵衞さんが大活躍。普段はあまり意識して見ることはありませんが、こうやって並べてみると新たな発見があって面白いです。

 

竹千代さんの「五人廻し」は遊廓を上空から見ているように目線が目まぐるしく変わっていくのが良かったです。昇咲さんは板挟みに会う喜助の目線を中心に、遊女の喜瀬川と野暮な客の杢兵衞とのやり取りが描かれているのが、噺を俯瞰的に捉えようとしている竹千代さんとは対照的。喜助が喜瀬川の指示を素直に聴かない切り口は面白いので、ここからどんどん噺を深めていってもらいたいなと思います。

 

談洲さんは「締め込み」は、言い争いをする夫婦のバカップルぶりが秀逸。お互いベタぼれしてるから、離婚の危機に瀕してしまう所が聴いていて微笑ましくなってしまいますし、通常の噺以上に、つい口を挟みたくなる泥棒の気持ちに共感してしまいます。

 

(演目)

・桂竹千代    「五人廻し」

・立川談洲    「締め込み」

    ~仲入り~

・春風亭昇咲「お見立て」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記。北とぴあ若手落語家競演会。王子・立ち食いそば「いろり庵きらく王子店」。

昼過ぎから王子へ。少し早めには着いたのですが、どこも混んでいて、コンビニで買って済ましたりしない限りは、食事できそうもありません。

もともと商圏の割りに飲食店が多くないので、土日はこうなる事が多い。まあ、こうなることは半分覚悟していたので、そのまま北とぴあに向かいます。今日は、若手落語家競演会を観に行きます。昼食は、それが終わってからっすね。

 

この会にお邪魔するようになって3回目になりますが、今年は誰に投票するのか、一番悩みました。それぞれタイプが違いますし、全員が「自分こそが一番お客さんに喜んでもらうんだ。そして首尾良くいけば優勝するんだ」という熱量を持って演じています。それがとてもいい方向に作用し、お陰で大変に見応えのある落語会になったと思います。

 

悩んだすえに、自分はつる子さんに投票したのですが、惜しくも2位で奨励賞。限られた時間の中で、笑わせる所と聴かせる所のメリハリがとても巧みに使い分けられていて、やっぱり若手の中では上手い方だなあと、再確認。

 

惜しくも優勝には届きませんでしたが、強烈なインパクトを残したのが、鯉白さん。勝ち目のないチャンピオンに「なぐらない」事で対抗しようとするボクサーの姿を描いた新作落語

「これって落語?」と一瞬疑問に感じてしまう内容といい、それをあえて競演会で掛ける心意気といい、「クレイジー野郎」の矜恃をしっかりと見せてもらいました。また、別の所でお会いしたいです。

 

鯉白さんとは真逆の方向で我が道を行ったのが、志ん松さん。最後にも関わらず一切マクラもなしに、重めの噺で勝負します。あえて冬の噺を選ぶ所といい、自分は本寸法の古典落語で生きていくのだという、強い信念を感じました。前の5人の噺の総カロリーがもうちょっと低かったら、優勝してもおかしくなかったです。

 

結局、優勝したのは2番目に演じた、吉緑さん。「天狗裁き」を天丼で笑わせていく所は、師匠の花緑さんの高座を思い出しました。

15分という限られた時間にも関わらず、きちんと必要な間を作っているところはさすがです。一方で枝葉の部分は思い切って切り落としている。面白いだけでなく、噺を組み立てる巧さも感じさせてくれる高座でした。

 

見応えがあったのですが、カロリー過多でお腹一杯状態。そんな中で最後に高座に上がったのが、三三師匠。過去の優勝者でもあり、今回の競演会は33回目。これ以上ない位この会に相応しいトリです(笑)

その辺の状況をきちんと踏まえて、かなり軽い演目を選んでくる所もさすがですし、それ以上に凄いのは、軽妙だけどしっかりと聴かせてくれる事。カロリー過多状態なのに、頭や身体にノーストレスで噺が入って来るのには驚きです。

先日の国立中席の談春師匠といい、軽めの噺を面白く演じられる噺家さんって、実は一番凄いのでは?そんな風にさえ感じてしまいます。

 

(演目)

・入船亭辰ぢろ「手紙無筆」(前座)

①桂鷹治             「能狂言

柳家吉緑         「天狗裁き

③瀧川鯉白         「なぐらない」

    ~仲入り~

林家つる子     「お菊の皿

⑤桂竹千代         「古事記

⑥古今亭志ん松 「夢金」

    ~仲入り~

柳家三三          「加賀の千代」

 

 

落語会で北区の名産品を売っているコーナーがあったのですが、そこで買ったトキハソースの落語会限定詰め合わせセット。お買得ではあるのですが、唯一の難点は「重い」ということ。帰りは大変だったっす。

 

競演会が3時間以上と長時間だったので、5時過ぎに、JRの駅前の立ち食いそば屋さんで漸く少し遅い昼食。それでも、まだそれなりに混んでいます。

山芋とそばの組み合わせといえば、「とろろそば」が定番ですが、これはこれでなかなかいいです。山芋の天ぷらだけだとやや味気なくなるので、そこに舞茸をプラスして、旨みと食感の奥行きを増やした所が、いい黄かです。

 

舞茸と山芋天そば560円+明太ごはん 170円

 

食べ終わった後は、隙間時間にコツコツとやっていた常磐線界隈の謎解きへ。出来ることなら本日中にケリをつけたかったのですが、最後に近い所で引っ掛かってしまい、時間が遅かった事もあり、もう一息の所で泣く泣く断念。

今回は、比較的サクサクいけたので、そのまま押しきれると思っていたのですが……。

 

まだ、期限はあるので、自宅で立て直して、次でケリをつけます!