だいたい読書日記

本の問屋(取次)に勤めています。仕事柄、本を読むのが好きなので、ここで独り言を書いております。趣味でインプロという台本のない即興劇をやっており、ステージ経験もそれなりにありますが、コロナの影響で今はお休み中。その他、立ち食いそば、B級グルメ、落語、野球など、好きな事を好きなように書いています。

日記。渋谷らくご5月16日。

普段は14時過ぎにならないと入荷しない商品が、土曜日に前倒しで入荷してくれたお陰もあり、全体的に作業が順調でありがたい。

ゴールデンウィーク明けに再雇用のおじさんが復活してからは、作業全体の流れがスムーズに流れるようになったのは、大変にいい傾向です。仕事を熟知したベテランの存在は、いてくれるだけでとても助かります。

あとは全体の作業量が多くて人手が必要な時に、人工マイナス1のリカバリーをどうやって上手くやるか。4月のように腰がパンク状態になるのは、もうこりごりです。


予定通りに仕事が終わったので、東京メトロを乗り継いで渋谷まで行き、渋谷らくごを聴きにユーロライブへ。

最初はかなり早めに着くかもしれんな、と思っていたのです。けど、渋谷の地下を端から端まで移動して、更に坂を登っていたら、結構いい時間に。

本日は伯山師匠が出演するので、前売りで整理番号順の入場。結構後ろの番号だったのですが、若い番号でも早くは来れなかったので、ちょうど良かったのかもしれません。




地下の端っこの出口で、地上に出る人たちを見送ってくれる「すみっこぐらし」の面々。ベタではありますが、本当に地下のすみっこにいるのが素晴らしい!


伯山師匠だけでなく、いちかさんもいる事もあり講談と落語が半々という、とても珍しい会に。小里ん師匠も含めて、語りの面白さを満喫させてもらいました。

3人ともそれぞれタイプは異なりますが、聴いていて耳に心地いいというのは共通点。いちかさんと伯山師匠の間に、小里ん師匠を挟んだあたりに、主催者のセンスの良さを感じます。


それだけに、この3人との組み合わせになってしまった青森さんは、少し気の毒だったかもしれません。

狙っているところは凄く面白いのです。けど、どうしてもこの中に入ってしまうと語りや言葉選びの雑さが目についてしまいます。誰が師匠なんだろうと思っていたら、白鳥師匠。仕方ないか~(笑)

小里ん師匠は、地味で淡々とはしていますが、こじんまりとした長屋の暗さや空気まで感じてしまう。本当に上手い噺家さんです。

伯山師匠は、人情話をあえてテンポ良く軽めに語る事で、流れ全体で聴かせてくれているのは、さすがのひと言。大きな舞台で揉まれているのは伊達ではないです。

(演目)
・三遊亭青森「愛を詰め替えて」
・田辺いちか「長門木村重成の最期」
柳家小里ん「夏泥」
・神田伯山 「浜野矩随」


日記。渋谷でインプロワークショップ。青山ブックセンター(鯨庭さん原画展)。

まだ、完治はしていませんが、少しずつ腰と脇腹の痛みが回復傾向にあるのはいい事です。これなら、午後からのインプロワークショップも何とかなりそうです。

ただ、あまり腰に負荷の掛かるように動いたり、ケアを怠ったりすると、あっという間に逆戻りする状況なので、細心の注意が必要ではあります。

ここ最近、参加出来なかったり、後半一コマだけの参加になっていた、宮益坂のスタジオで行われている、月イチの即興実験学校のインプロワークショップ。久々の2部フル受講です。


本日は、インプロのシーンの土台作りに大切なCROWを丁寧に作り、その後に、シーンを動かしていく所までのワークを中心にやりました。

インプロでは、話しに傾斜をつけていくことから、『TILT』という言葉で説明される事が多いです。

CROWは、

C=Charactor(人物)
R=Relationship(関係)
O=Objective(目的)
W=Worldもしくはwhere(場所)

の頭文字を取ったもの。

インプロは、何もない所からシーンを作ることが多いのですが、この4つが早い段階で決まると、共演者とのシーンの共有が容易になり、比較的スムーズにシーン作りを行いやすい、と言われています。


インプロだけでなく、お芝居やパントマイムなどパフォーマンス全体に言えるのは、基本の大切さ。発声や筋トレなどの演劇の基礎トレーニングは大嫌いですが(笑)、演じることそのものに関する、ベーシックなワークは基本何でも大好きです。

なので今日も楽しい時間を過ごさせてもらいました。激しめの動きをすると、少しピリッとくるところもありましたが、無理をしなければ、腰の方も大きな問題が出なかったのも、個人的にはありがたかったです。


終わったあとは、目黒のふげん社のギャラリーでやっている、駒治師匠の鉄道落語を聴きにいこうかとも思ったのですが、来週の平日に2日間落語会に行くので、読書会の課題図書を買うために、青山ブックセンターさんに寄る。

ちょうど鯨庭さんの原画展をやっていたので、いいチャンスなので、そちらも拝見させていただく事に。

ちょっと出掛けた書店さんに、こういう展示を見ることができる。東京以外ではそれって当たり前の事ではないですし、ああだこうだ言って、自分はとても恵まれているんだろうと思います。


先日原画展に行った、谷口ジローさんを少しだけ彷彿とさせる画。丁寧な仕事ぶりが垣間見えて、とにかく凄いのひと言です。


見終わった後は、読書会の課題図書を含めて、文庫を複数購入。最終的には、駒治師匠の落語会に行っていた方が、かなりの安上がりになってしまいました(笑)


主な買った本。

日記。こすぎの大学「武蔵小杉で茶室を作る」@中原区役所。

どうやら家賃の振り込みの金額を間違えてしまったらしく、不足額の督促がくる。

そこまでは仕方ないのですが、督促状が手元に届いたのが、昨日の夜。

で、支払期日は今日まで。遅れたら遅延手数料が発生するそうです。最初は、悪徳不動産業者が遅延金をぼるためにわざとやっているのかと思ってしまいましたよ(笑)

さすがにそりゃあないだろうと思って問い合わせたら、ゴールデンウィーク後に事務手続きが滞ったらしく、郵送が遅れたそう。

何とか、昼休みに払いに行けましたが、それでも本当にいい迷惑です。GWなのは分かりきっているのだから、それは言い訳にはならんよ。次はないと思ってくれよ、リロ!(不動産会社の名前です)


あっそうだ。これもここ最近では結構上位にくる、イラッとした事だ!日中は、その事に全く気づかなんざ。

夜に、武蔵小杉で「茶室を作る」というワークショップにいく予定。事前に、日常ちょっとイラットしたりムカついたエピソードにまつわる備品を持ってくるように、というお達しがあったのです。

ただ、それと「茶室」との間にどんな関係があるのか。この時点では全く分かりませんでした。


昼間に外出して家賃の振込みが出来るという事は、作業中にしっかりと休憩が取れる状況だという事。朝方は結構バタバタしましたか、そこを上手く切り抜けた後は、比較的自分のペースで仕事ができる、大変にありがたい展開になります。

予定よりも30分早く退社し、早めに武蔵小杉に向かう事に。ほぼ電車一本で行けるので甘く見ていたのですが、文字通りの東京メトロ南北線。ほぼ23区を縦断するので、やはりそれなりには時間が掛かります。雨も本降りになってきていますし、早めに出てきて正解でした。


お陰で、少し早めに着いたので、武蔵小杉の王将で夕食を取る事に。ただ、これが大失敗でした。

食べるとこまでは順調だったのですが、テイクアウトがムチャクチャ多い上に、レジが一台しかなく、会計でおそろしい混雑に。

最近駅前の開発が目まぐるいしいエリアですが、商圏人口の増加に商業施設の整備が追いつききれていない印象。特に、買い物環境がまだ整いきれていないしわ寄せが、こういう所にも出ているように感じます。お陰で、会場の中原区役所に着いたのは、結構ギリギリの時間になってしまいました。



ソース焼きそば(大盛)638円+餃子 264円+ごはん(中)187円。


今回は武蔵小杉で月1回のペースで、地元の方を中心に勉強会をしている「こすぎの大学」というコミュニティの会にお邪魔させていただきました。

今回が113回目という事もあり、すでに顔馴染の方が多いよう。場の空気が和やかであればあるほど、強烈なアウエー感があり、久々に人見知りの病気が出そうです。



区役所に飾られていた、武蔵小杉付近の模型。高層ビルを中心に、駅前の開発がすごく進んでいるのが分かります。


先生は、給湯流茶道の谷田半休さん。仕事や人間関係の慌ただしさやイラッとする事、理不尽なできごと。そんな痛みに耐えて茶をたしなむ。それは現代の「戦国武将」の茶会にたとえることが出来るのかもしれません。少なくても、谷田さんはそう仰っている。

そんなイラッとする日常。それを掛軸や茶室に見立てながら、茶会を楽しむ姿を妄想する。それが本日の最終到達点です。少なくても、自分はそのように解釈しました。


まずは、自己紹介しながら、同じ机の方達と持ってきた「備品」にまつわるイラッとした話を共有します。僕の場合は、ゴールデンウィークを襲った腰痛の話し。その時に運命を握っていた「メンソレータム ラブ」。

それを茶道具のように見立てて銘をつけ、そこで茶会をしている自分を妄想しながら、いかにもそれっぽい茶室の名前をつけていき、最後にグループ内の成果をみんなの前で発表しました。

あの時の「メンソレータム ラブ」は自分にとっては、救急車と自宅待機。天国と地獄とを分かつもの。そこと赤いフォルムとを結びつけて、銘を「閻魔」と命名しました。

だとすると、薬を持った女のコが「大王」に当たるのでしょうか(笑)



「閻魔」

日記。久びさに味の素スタジアムでJリーグを観戦する(FC東京 vs サガン鳥栖)。

GW最終日。腰と脇腹の痛みがひどかったせいで、結構キャンセルした予定もありますが、まずまず楽しく過ごす事が出来ました。

今回の体調不良の直接の理由は、先月急に力仕事が増えた事に耐えきれず、身体が悲鳴を上げてしまった事です。

ただ、一番の原因は、身体のメンテナンスを日頃からきちんとしてこなかった事。やりたい事をやるためには、まず何よりも健康である事が大切だという事。それを見に積まされた期間でした。

まだそれなりに痛みは残っていますが、出掛けられそうなので、午後から久しぶりに味の素スタジアムへ。これまた久しぶりにFC東京の試合を見に行きます。


腰の不安があったのと、スタジアムで昼食を採るために、少し早めに出掛ける事に。一時間以上前なのに、スタジアム前は早くもかなりの混雑です。

家族連れはもちろんなのですが、思ったよりもカップルや女性同士が多いのには、ちょっとびっくりです。

そうか~、サッカーのスタジアムつてデートスポットにもなんのかあ。覚えとこ。



New balanceデイという事で、新しい3rdユニフォームのお披露目。


席取りの前に、まずは腹ごしらえ。規制が少し緩和した事もあり、スタジアムの外にもキッチンカーが出ていて、フード類もかなり充実しています。

缶ビールを持ってきているサポーターが、何も指示がないのに、自分から紙コップに移し代えている光景には、素直に感心してしまいました。

いろんな人達がスタジアムに来て、それぞれの楽しみ方をしている。日本にも少しずつ、サッカーが文化として根付いているんだなと、強く感じました。



マグカップガチャ 1回 1000円。高萩選手。今日は、ベンチ外だったのが、ちょっと残念。


マグカップのガチャを引いた後、中でチーズドッグとからあげを買って、遅めの昼ごはん。チーズドッグは、ソーセージの下にオニオンリングが挟まっていて、パンの大きさともども、かなりの食べ応え。パンに塗られたイチゴ系のジャムが、チーズととてもよく合います。

からあげは、ビールにもあうように、少し濃いめの味付け。なかなか美味しかったです。



チーズドッグ 900円



からあげ 500円



試合前。400人以上の子供たちによる、チアリーディング。キッズとはいえ、これだけいると、なかなかの見ごたえ。


試合の方は、安部選手、松木選手、小川選手などの活躍で、中盤を支配し、われらがFC東京が優位に進めていきます。ただ、その先の決め手がやや足りず、肝心の得点が奪えず。ややもどかしい展開が続きます。

鳥栖に、安部、松木選手が攻撃している裏を狙われて、ヒヤッとする瞬間も。スウオビィク様のナイスセーブで救われる。

ただその後、自陣ゴール前でミスが出たり荒れ気味の展開になったりして、クバ神様が少しナーバスになるシーンも。ちょっと嫌な流れになります。

それでも、前半は、0-0。


後半は、早い時間帯にフォワードを3枚交替させ、先制点を狙いにいきます。漸く主導権が握れたようだと思っていたら、堀米選手の直接フリーキック一発で、あっけないくらいの鮮やかな鳥栖の先制点。


鳥栖のサポーターは気分いいだろうなあ~。その分、こっちは最悪ですけど(笑)


その後、攻撃的な選手との交替などのカードを切って攻勢に出ますが、鳥栖の守りに凌がれて、そのまま 0-1で試合終了。


派手さはないですけど、フィジカルが強く、献身的で最後まで走りきる。悔しいけど、相手もいいチームです。


入場者数が15000人を超えたという事もあり、まだ少しコロナの怖さはありますけど、機会があったらまた観戦しに行ってみたいです。ただ、段差が多いのだけが、腰の痛い身としては、結構しんどかったです。

もうちょっとバリアフリーの部分が整うといいなあというのと、FC東京が負けてしまったのが残念ではありましたが、総じて楽しめました。


日記。池袋でボードゲーム会。

深夜にトイレに行こうとしたら、脇腹の痛みがひどくなり、文字通り動けなくなる。

何とか風呂に入って患部をマッサージし、この間クリエイトSDで買った薬を塗り、ストレッチなどをして、何とか痛みを和らげようとします。

これでダメなら救急車乗るしかないよなあ、と半分くらい腹をくくりましたが、何とか寝れるレベルまでは痛みが楽になる。

ゴールデンウィークにコンディション良くなるのを期待していたのですけどねえ。一番痛めた場所が脇腹というのが、本当に厄介極まりないです。

GWが明けても、しばらくは痛みと付き合うことになりそうです。


大事をとって、午前中は身体の回復に専念し、夕方前から池袋のボードゲーム会に。

先日、荻窪の別の会にお邪魔した時、この会の定連さん二人にお会いしました。この人達がいる会なら楽しく過ごせそうだと思い、申し込んでみる事に。



連絡口で見つけた、ふくろうの彫刻。



サンシャインシテイのトイザらスの前。レゴブロックで出来ています。


若い定連さんが多かったのですが、気さくな方が多い上に、今回は協力ゲームをプレイする回というのも大きかったです。おかげさまで、楽しい時間を過ごす事が出来ました。


これで体調さえよければなあ、言うことがないのですけど……。GWもあと明日一日を残すばかりですか。いざ来てみると、本当にあっという間です。

明後日からの仕事の事を考えると、ひたすら憂鬱なので、期間中は一旦その事は忘れて、楽しんでやろうと思います。



今回、主催の方たちが用意してくれたゲームたち。


今回、遊ばせていただいたゲーム。デクリプトは、単語を手掛りに、暗号を解読するゲーム。味方には伝えたい、敵には伝わって欲しくない。そのギリギリを狙っていくのが面白い。

日記。駅弁気分と今日のカップヌードル。

ゴールデンウィーク。休みと休みの狭間の出勤。カレンダー通り休めるだけ、サービス業に携わる人達などに比べたら、かなり恵まれているのはわかっちゃあいるのです。

それでも、通勤電車でテンションが上がらないのは、どうにもならない。

もうちょっと空いててゆったりしてるのかなあと思っていたのですが、中途半端に混んでいる。このあまり楽しくない状況が、テンションの低下に拍車をかけます。


テンションを上げるために、NewDays峠の釜飯風のおにぎりを買って、せめてもの旅行気分を味わう。

持つと崩れてしまうくらいバランスが悪くなる事を百も承知で、それでもまるまる一粒入れた栗。大きめの身がひときれ入った鶏肉。その重さと味に、このおにぎりを作った人達の心意気と熱量を感じます。


昼は食堂の弁当が販売されなくなってしまったので、カップヌードルの新製品を食す事に。

こってり目の醤油味は嫌いではないのですが、強すぎるにんにく味には、少し閉口してしまいます。カップヌードル史上でも最強クラスに属するのではないでしょうか。若い頃だったら、もっとおいしくいただけたのでしょうが。

それだけに、にんにくを中和してくれるキャベツの存在が本当にありがたいです。全体の味を丸くしてくれて、かなり食べやすい状態にしてくれています。


年を取ってから、食べれない訳ではないのですが、にんにくに苦手意識を感じる事が多くなりました。逆に、若い頃食べられなかった、ブロッコリーやバジルをあまり苦にしなくなる。

趣味や嗜好と同様に、その時々で味覚も変化するんだなあと実感させられます。




カップヌードル スタミナ醤油 ビック


ゴールデンウィークの谷間という事もあり、商品の搬入の方は、いつもよりかなり落着き気味。おかげて、仕事もいつもよりゆったり目に出来ます。

お金持ちの大手出版社は、けっこう休んでるんだろうなあ~。自分だって働かないで済むのなら、今日くらいは休みたいですもん(笑)

日記。多摩美術大学美術館。ブックオフ都内完全制覇の旅21「ブックオフ多摩永山店」。

最初は、渋谷方面に出掛ける予定だったのてすが、去年のゴールデンウィークに行った多摩センター方面が、今年どうなっているのかが気になってしまい、急遽、そちらに向かうことに。

多摩美術大学美術館の開催中の展示もなかなか面白そうです。

午後から出かけて、去年同様に多摩センターの「箱根そば」で昼食を取ったあとに、美術館に向かうことに。

当たり前といえば、当たり前なのですが、電車も去年と比較にならない位、混んでいます。去年は、図書館よりもよっぽど安全じゃないかと思える位、人が乗っていませんでしたから。(駅前のパチンコ屋だけは、それなりに混んでいましたが)



今年の光景。それなりに混雑はしていますが、ピューロランドが入場制限をかけていることもあり、そこまでではないです。



去年の4月29日の光景。雨という事を差し引いても、いかに日常から乖離してしまっていたんだろうかと、改めて思います。

今回の展示は「そうぞうのマテリアル」というタイトルで、コレクションを「水・火・土・金」という切り口で分けて展示したものです。

一見すると材質を切り口にしているように見えて、「水」が入っているように、必ずしもそうでもない。

逆に「金」は、ほとんどが金属の素材でできた彫刻等で、展示は比較的古い年代のものに寄っています。こういう「片寄り」から、逆に美術館の個性が垣間見えるのがいいです。

この4つでは上手く分けきれなかったり、「これ、複数のジャンルを跨ぐんじゃね?」って思えるものもありますし、こうやって並べられると、「分類する」という事についていろいろと考えさせられます。


自分で見て、感じて、考える、という事に主眼を置いたためか、展示に関する説明が最低限なのが、問題だけ出されて、答え合わせがないようで、フラストレーションを感じますが、なかなか面白い切り口の展示だと思います。

時間があったら、展示の解説をもっと聞いて見たいてすね。


折角、ここまで来ましたし、後ろはあまり気にしなくていい日なので、久しぶりに永山のブックオフに行ってみることに。

もともと橋本周辺から全国に広がっていったチェーン店。この店舗は、チェーンの中でもかなり早い時期に出来た大型店のはずです。


ただ乗るバスを間違えてしまい、かなり遠回りして歩くハメに。無理をしないで、永山まで出て、送迎バスに乗ってれば良かったと後悔するも、もうどうにもなりません。ある程度歩くと、バス停もないので、戻ることさえままなりません。

40分ほど歩くと、漸く建物が見えてきてひと安心。古本屋というよりも、古本を売っている大型リサイクルショップといった所でしょうか?

新刊書店でもあまりお目にかからない、ワンフロアの大型店。さすがにまんべんなく揃っていますが、家族連れを意識して児童書が充実している印象。衣類もキッズコーナーのスペースを結構取っていましたし。

目的買いの顧客を増やすために、チェーン店内でも意識的にベストセラーを厚めにおいているのも目につきました。

本当は次の送迎バスが来る、30分後に帰る予定でしたけど、バスに乗ったのは、その更に1時間後でした。


今回買った本たちの一部。「5分間リアル脱出ゲーム」は新刊で買おうと思っていたので、大変にありがたいです。