だいたい読書日記

本の問屋(取次)に勤めています。仕事柄、本を読むのが好きなので、ここで独り言を書いております。趣味でインプロという台本のない即興劇をやっており、ステージ経験もそれなりにありますが、コロナの影響で今はお休み中。その他、立ち食いそば、B級グルメ、落語、野球など、好きな事を好きなように書いています。

立ち食いそば22 新宿「信州そば本陣ルミネエスト新宿店」

f:id:kahsuke555:20190619163039j:plain

↑冷し香味鶏つけそば 530円

昔と比べたら、おっさん一人ではすっかり行きにくくなってしまった、新宿ルミネ。その中でも辛うじて肩身を狭く感じずにすむ、地下の飲食店エリアに、お店があります。

食券を購入して、店員さんに手渡すと、僕の時は若い金髪のお兄さんが対応してくれました。立ち食いそば屋さんで働いている方って、割とそれなりに人生経験を積んだ、おじさま、おばさまが多いので、ちょっと新鮮です。これも、新宿という土地柄だからでしょうか

そばはちょっと白みがかった細麺。やや高めの価格設定と、わざわざ信州そばの看板を掲げている事を考えると、ひょっとしたら、現地から取り寄せているのかもしれません。つゆは、かつお節を筆頭に魚系のだしをベースにみりん等が入っており、そこに旨味と甘味が強めです。それに、茗荷やネギ等の香味野菜を入れて、鶏がたっぷり入ったつゆで食します。

麺もつゆも全体的に食べやすいのですが、つゆの存在感が強すぎて、折角の香味野菜の香りや味が飛んでしまっているのが、やや残念でした。