だいたい読書日記

本の問屋(取次)に勤めています。仕事柄、本を読むのが好きなので、ここで独り言を書いております。趣味でインプロという台本のない即興劇をやっており、ステージ経験もそれなりにありますが、コロナの影響で今はお休み中。その他、立ち食いそば、B級グルメ、落語、野球など、好きな事を好きなように書いています。

立ち食いそば30 赤羽「百万石」

f:id:kahsuke555:20191121145731j:plain

天ぷらそば 380円

ここの所、ガイドブックに載っている、いわゆる「模範的」なお店ばかり行っていたように感じる、立ち食いそば屋さん。私みたいな初心者には、大きなりすを犯すことなく美味しいお店が見つけられる、大変にありがたい存在です。ただ、人間というのは、贅沢な生き物。お店にとっては大変に失礼な話しかもしれませんが、そうではない、ちょうど目の前にあったから、という理由でふらりとお店に入りたくなる時もあります。と、いう理由で今回入ったのが、赤羽の駅前にある、このお店になります。チェーン店でない、というのも逆にいいですね。

お店の方に食券を渡すと、作りおきとはいえ、かなりのスピードで商品が出てきました。麺は太めのこしがあり、だしも醤油が強めでパワーがある、全体的に力強い一品。夜勤明けの方や身体を使うお仕事の方にはピッタリなお味。一見すると、粗っぽく感じるのですが、実は、結構いいバランスだな、と思います。ただ、一つだけ閉口したのが、汁の熱さ。猫舌の僕では、飲み干すことがとてもままならない沸騰レベルの熱さ。健康上はいいのでしょうが、これには、流石に苦笑するしかありませんでした。