だいたい読書日記

本の問屋(取次)に勤めています。仕事柄、本を読むのが好きなので、ここで独り言を書いております。趣味でインプロという台本のない即興劇をやっており、ステージ経験もそれなりにありますが、コロナの影響で今はお休み中。その他、立ち食いそば、B級グルメ、落語、野球など、好きな事を好きなように書いています。

立ち食いそば12 御茶ノ水 そば新

f:id:kahsuke555:20190211143955j:plain

↑天ぷらそば 360円。

JR御茶ノ水駅の聖橋口(東にあるほう)を出て、すぐ右隣。改札から徒歩10秒掛からんのでは?そんな超好立地にある立ち食いそば屋さんです。

ただ、そんな好立地にあるのは訳があって、とにかく横幅が狭く、縦が長い!鰻の寝床の見本のような物件です。二人までは大丈夫ですが、三人は同時に通るのは難しいだろうなあ、多分。


そんな物件だったら、普通は回転率至上主義になってもおかしくないのですが、このお店は、そういう所では手を抜きません。

メニューが出てくるまで2~3分掛かりますが、出来立ての生麺ですし、天ぷらも作りおきではありますが、自分のお店でしっかり作ったものです。どんぶりも予想以上に大きいですし、だしもしっかり節の風味がしてます。天ぷらのネギのカリカリと、細いけどこしのしっかりしたそばの食感もいいですし。思った以上に食べごたえがあって、いい意味で予想を裏切ってくれます。



ただ、ただ……。こういう立地でなければ、この値段では絶対に出てくれないクオリティーなのは、わかるんですけど、わかるんですけど~~、


狭いです。人が増えてくると、かなり追われる感があります。立ち食いそばって、本来そういうものだと言われたら、その通りなんですけど……。



美味かったですけど、少しもどかしくもありました。